So-net無料ブログ作成
検索選択

激坂三本  身の危険を感じる坂に遭遇 [ライディング]

まず、久しぶりに風布から釜伏峠に登ることにしました。その風布にどうやっていくか?玉淀ダムの右岸脇を通り山を越えることにしました。これがそもそも激坂。汗びっょりになって何とか一番高いところにたどり着きます。彼岸花が咲いていました。

P9220059resized.JPG


1)風布から”あの坂”を登ります。きついです。額から垂れる汗が目に入って痛くてたまらず、賽神峠のところでちょっと水を入れます。あとはノンストップで釜伏峠から登谷山を登り、秩父高原牧場まで行きました。

店は閉まっていました。コスモスが秋の装いをしていました。

P9220062resized.JPG

珍しく、秩父盆地に降ります。降り切ってから、美の山に登ろうという気になりました。3年前の12月に登ろうとしたら、途中から道路がグシャグシャになっていて諦めたのでした。

2)三沢郵便局の横、「地滑り危険箇所」の看板があるところを左折します。先に壁のような上り坂が見えます。でもその坂は3年前の12月に登っています。大丈夫だろうと、シッティングで行くと、途中で前輪が浮きます。慌ててハンドルの先をもって体を小さくして漕ぎました。

さて、その先が問題です。そこは今登った坂を上回るような坂でしたが、3年前来たときは舗装工事中で、私は自転車を担いで脇にある民家の庭を2軒歩いて登ったのでした。今回は勿論工事は完了してますのでそのまま行けます。で、行きました。凄いです。もの凄い。体をハンドルの前まで伸ばして漕いでも前輪が浮きます。身の危険を感じてダンシングに移行しました。勿論、体は出来るだけ前に持っていきます。後輪がスリップしたらやばいなあ・・・。ハーハーゼーゼー、いやあ、堪らない。私史上最高の激坂。ところが、この坂、見る限り終わりがありません。ずっと上まで続いています。途中で右側に橋があったので、慌ててそちらに避難。目に入った汗を取り、息を整えます。地滑り危険地帯をほぼ真っ直ぐに登る坂はさすがに凄いです。別格。

そして、再び、激坂を登ります。確か上で別の道に合流していたんだ。合流ポイントはまだかまだかと思いながら。左カーブがあって、少し緩くなりました。でも、普通に激坂。そのまま登っていくと、遂に合流ポイントに到達。そこからは右に行くのですが、その先が3年前はぐしゃぐしゃになっていたのです。

「砂利道注意」の看板が出ていましたが、かまわず行ってみます。ずっと、これ以上ないほどの粗い舗装が続きます。わざとなのか、低予算のせいか、表面はまったくなめらかさが無く、無数の横筋、というか高さ1,2㎝の段が不規則に付いています。ガタガタです。勾配はそれなりにありますけど、先ほどのとんでも無い激坂を通った後なので、もう感覚が麻痺しています。

この道をしばらく上がっていくと、遂に秩父方面から美の山に登る自動車道路に合流しました。ウソみたいに路面は綺麗になるし、勾配も緩くなります。しばらく登って、ついに山頂に到着しました。

P9220064resized.JPG

P9220066resized.JPG
【北東方面を見たところ。向かいに秩父国債ゴルフ場が見えます。民宿きりしまがある集落も見えますね。】

P9220090resized.JPG
【綺麗な資料館がありました。】


皆野側に下ります。昼食を摂ろうと思って、親鼻橋から荒川対岸方面に向かいましたが、当てにしていて店は休み。岩畳を見下ろしながら少し下流に向かい荒川を越えます。

P9220093resized.JPG
【岩畳の上には観光客の姿が見えました。記念写真を撮る業者も仕事中。】


結局、突き当たりにあったレストラン「アンデルセン」に入りました。店内の電気は点いているように見えなかったのですが、「営業中」の看板が出ていたので、どうかなあと思いながら、入ってみました。他に客はいませんでしたが、「いらっしゃいませ」と女主人らしき人が言ってくれたので安心しました。パスタ定食を頂きましたが、なかなか結構でした。

食べ終わってから、再び橋を越えて上流側に向かいます。今度はこちら側から釜伏峠に登ることにしたのです。

3)皆野の運動公園の脇に、「民宿きりしま方面」の看板があり、そこを左折します。林道能林線です。この林道も結構きついところだけど、あの究極の激坂を登った後だから、もう免疫が出来て大丈夫だろう、ということにしました。

途中、有料道路の下で、彼岸花を観賞します。

P9220101resized.JPG

P9220102resized.JPG


結果、予想通りでした。必死でよじ登るところもありましたが、身の危険を感じるような激坂ではありません。何とか、民宿きりしまにたどり着き、水を一口。そして、すぐに出て、別荘脇の激坂を上がり、またまた釜伏峠に着きました。

P9220119resized.JPG

P9220121resized.JPG

そのまま真っ直ぐ折原方面に降ります。そして帰還。

いやあ、なかなか歯ごたえのあるコースでした。疲労がないときなら、結構良さそうです。
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 4

銀輪乗士

三沢郵便局脇から美の山、拙も以前上りましたが、喰いしばった歯が折れそうでした。
たしかにあの坂を上った後しばらくは他の激坂が可愛く思えるかもですね^^
by 銀輪乗士 (2014-09-23 20:50) 

ぱるる

銀輪乗士さん、こんばんは。
そうですか。やはり、以前登ったことがあったんですね。
いやあ、本当に凄いですよね、あの坂。もう規格外。
今度から時々行ってみようと思います。
by ぱるる (2014-09-23 22:38) 

きーじぇい

そんなに激坂なんですか?!

地図で確認してみました。
確認しただけです、はい。
by きーじぇい (2014-09-23 23:30) 

ぱるる

きーじぇいさん、こんばんは。
凄かったですよ~。ひょっとして、埼玉最強。でも、きーじぇいさんの実力からすると、案外楽しめちゃうかもしれないですね。
by ぱるる (2014-09-24 00:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。