So-net無料ブログ作成

山道で轢かれ損なう [ライディング]

11日
玉淀ダムの南側から山に入り、激坂を越え風布に降りる。そして、釜伏峠に向かう。久しぶり。こちらからの登りは「あの坂」と言われるだけある激坂。私は勝手に『激坂の大関』と名付けている。
CA390350re.jpg
【途中にある賽神峠で一休み】

釜伏峠から登谷山に上がり、二本木峠を経由して秩父高原牧場から、秩父盆地に降りる。
CA390351re.jpg
【ポピーの花は散って訪れる人もいないです】

三沢から民宿キリシマに向かう。『激坂の横綱』。前回に続いて今季2度目。やはり、きつい。とってもきつい。
CA390352re.jpg

キリシマで少々水を飲んで、すぐに釜伏峠へ。別荘地脇の激坂をよじ登る。

釜伏峠に着いて、距離が少ないのが気になる。じゃ、もう一回登谷山に登ることにしちゃおう。両方から枝が伸びた狭い上り坂で、上から来た三菱のSUVが私の直前まで来て左端(私から見て)に車を寄せる。〈オイッ!!殺す気か?!〉。慌てて右手を肩まで上げて、右側に向かって二度手を振る。すれ違いざま、運転手(中年のおばさん)はニヤッとしながら右手を挙げてスルー。ああ、ビックリした。

二本木峠に降りてから、林道二本木線で東秩父に降りる。長~い下り坂を降りると村立西小学校の近く。でもこの小学校、廃校になったのだろうか。人気が無い。気のせいか?

落合まで降り、北に向かい、かやの湯坂を越え、帰還。

14日(日)
円良田湖に向かう。
IMGP4571re.JPG
【水が少ないですね~。何を釣っているんでしょうか?】

そして、林道陣見山線に入る。日曜日なのに誰にも会わない。何とか一番高いところまで着く。
IMGP4574re.jpg
【いつ見ても汚い】

間瀬峠に降りる。間瀬峠から不動山に入る。何とか一番高いところまで行き下を見下ろすと、長瀞の町は少し霞んでいる。
IMGP4576re.jpg

出牛峠から長瀞に降りる。荒川を渡り、少し南進し、林道能林線に入る。
IMGP4577re.jpg
【入ってしばらくしてある店。休みでしたね。やってても寄らないですけど。】

そして、民宿キリシマを目指す。こちらの道もやはり苦しい。この道も「激坂の大関」と名付けようか?
民宿キリシマに何とか着いて、自販機でドリンクを一本買う。
IMGP4579re.jpg

少し飲んで、出発。別荘地脇の激坂をよじ登り釜伏峠へ。

前回と同じく、距離が少ないのが気になり、登谷山に登ることにする。そして、林道二本木線で東秩父側に降り、落合からかやの湯坂を越え帰還。
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 2

銀輪乗士

ニアミズで済んでなによりでした。
それにしても、ここ暫く走ってらっしゃるルート、脚力に加え腕力と関節が強化されそうですね。

by 銀輪乗士 (2015-06-17 06:30) 

ぱるる

銀輪乗士さん、こんばんは。
脚力は、ずっと通えば鍛えられそうですね。腕力は、激坂を登るときにも私はあまり(殆ど)使わないので、弱いままかなーと・・・。私はポパイよりもオリーブに近いです。関節は強化されればいいのですが、それより関節炎になるのが怖いです。何事もほどほどにした方が良いでしょうか?
by ぱるる (2015-06-17 19:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。