So-net無料ブログ作成
検索選択

釜伏峠・折原からと三沢からと [ライディング]

昨日(23日)、まずは釜伏峠に上がりました。今回は、折原から。というのは、その後の二つ目の峠で前回よりも厳しいところに上がろうと思っていたので、釜伏峠のあがり方のランクを一つ落としたのでした。

でも、まだ、釜伏峠を登り始める前の折原の緩い坂で、いやに今日は重く感じるなあと思いました。ブレーキが引きずっているのではないかと思ったくらい。そんな訳なので、もともと結構キツイ釜伏峠直前の激坂ではふうふうハアハア。着いたときには息が切れるような有様。

P9230091re.JPG


ともかく、その状態で登谷山にあがり、秩父高原牧場に降ります。


P9230094re.JPG


そして、秩父盆地側に降ります。三沢に降りきってから、パン屋さんに寄り二つ購入。手作りパンの店です。休日しか営業しないようで、「開店しました」という看板が出ていました。若い女性二人が店内で対応していました。

P9230097re.JPG

P9230096re.JPG


そして、林道能林線に入ります。取り合えず、入ってすぐのところにある神社によって、パンを食べます。


P9230099re.JPG
【大赤城神社と言うのですね】

P9230100re.JPG


そして、いよいよ登り始めます。でも、本格的な登りになる前に彼岸花の名所があって、そこで写真をパチリ。


P9230104re.JPG

P9230113re.JPG

P9230123re.JPG

P9230125re.JPG


その後、登りを再開しますが、一貫としてキツイ。おかしい。前回の疲れが筋肉に残っているということなのか・・・、そうなんだろうな・・・、しかし、こんなことで一番キツイ激坂部分を越えられるんだろうか?と自分と対話しながら、進みます。激坂部分は本当にきつかったですね。でも、全力で漕いで何とかクリア。民宿キリシマに着いたときには、汗はダラダラ、息はゼイゼイ。いつもキツイけど、こんなにキツイことは今まで無かったのではないか?


P9230128re.JPG


息が収まったところで出発し、別荘地脇の激坂をよじ登り、なんとか釜伏峠に再び到着。イヤー、参りました。

下りは、風布方面へ。そして、国道140号沿いに帰還。
きつかったですが、でも、やはり走ったあとは壮快ですね。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。