So-net無料ブログ作成
検索選択

林道陣見山線・賽神峠 [ライディング]

今日は、林道陣見山線と賽神峠を登ってみました。

今朝から右大転子に鈍痛がありました。それで、軽めにしようと、目指すは林道陣見山線。


P1050390RE.JPG
【今日の円良田湖は空いていました。ボートに2,3人。あとは艀の上に一人か二人。】


陣見山の一番高い所にあがったときは、造園会社の人たちがなぜか打ち合わせをしていました。


P1050391RE.JPG
【人が入らないように撮影。相変わらず汚いですね。】


更に進んで、榎木峠の手前まで行ったとき、タイヤが何本も投棄されている気が付きました。いくら節約になるのか分かりませんが、こんなところに不法投棄しなくても・・・。酷いやつだなあと思いながら、他山の石としよう。


P1050394RE.JPG


間瀬峠に降りてから、林道陣見山線後半、不動山に入ります。円良田で林道に入ってから、一人も人間を見ていません。静かです。


P1050396RE.JPG
【長瀞の街を見下ろします。右手奥には武甲山もうっすらと見えますね。】


出牛に降りて、更に長瀞に下ります。さて、どうしたものか。これで金尾峠を越えて帰ったのでは、いくら何でも簡単すぎる。と言って、今日は林道能林線は厳しすぎる。どうするか?そこで名案が浮かびました。両者の中間に賽神峠があります。そこにしよう。

荒川対岸に渡って、少し上流側に向かいます。そして、「千葉亭」のところで、左折。山に入ります。向かうは賽神峠。この道もキツイです。決して楽ではありません。でも、林道能林線経由の釜伏峠に比べると、メジャーと3A位の違いはありそうです。涼しい気温の中で汗をかきながら、なんとか賽神峠に到着。


P1050397RE.JPG


そして、釜伏峠へ。風布からあがるとここから先はおまけに思えますが、長瀞から賽神峠に来てみると、この先もりっばな上り坂に見えます。

釜伏峠に到着して狼に挨拶。イノシシを何とかしてくれー。増えすぎちゃって困ってるよ~。ふん、おまえら人間が俺たちを絶滅したんじゃないか。神様として奉っていた俺たちを。今更、頼ってきたってどうにもならないよ、という声が聞こえたような・・・。


P1050401RE.JPG


折原に下って帰還。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。