So-net無料ブログ作成

林道奥武蔵支線・三沢からの釜伏峠 [ライディング]

本日は、前回よりは好調でした。ただ寒かったですね。

松郷峠を越え、西平から西進し、激坂をよじ登り橋倉橋へ。

P1050403re.JPG


そして、林道奥武蔵支線を通ってグリーンラインへ。激坂は無いながらも結構厳しさ目のこの林道に前回上がったときは、まだ着かないか、まだ着かないかと何度も思ったものでしたが、今日は逆。アレッもう着いちゃった?という感じ。で、自分にしては好調だなと感じた次第。

P1050404re.JPG


それで、刈場坂峠に行って下界を見下ろしながら次のコースを考えました。そして、秩父盆地に降りて登り返すことにします。どこからどこへ降りよう?結局、定峰峠まで行き、裏定峰を降りて「激坂の横綱」三沢からの釜伏峠を登ることにしようと決めます。

で、グリーンラインを移動するのですが、寒いです。指先の無い夏用手袋を着けていたら、手先がかじかんでしまいました。念のためにと、長袖のジャージーの上にウィンドブレーカーを着たのですが、それでも寒くて鼻水が出ます。何年か前、10月にグリーンラインで雪を見たことがあります。標高は800メートルくらいですが、ここは平地とは気候が違いますね。

裏定峰を降りて、高篠から札所一番の前を通って、三沢へ。

時間を見ると、11時くらい。少々何か食べておきたいなあと思っていると、すまんじゅうの店があります。前から知ってはいましたが、いつも通り過ぎていた店。初めて入ってみました。出来たてのすまんじゅうが1個100円。温かくて柔らかくて美味しかったです。2つ食べて満足。
そこで気が付きました。店の向かい側に、紅い小さな祠があります。行ってみると、狐様が沢山飾られています。なかなか興味深いものではありました。

P1050405re.JPG

P1050406re.JPG

P1050408re.JPG


そして、いよいよ三沢からの釜伏峠へ。前回ここを登ったときは、私を抜いていった中型パイクが左カーブで失速して落車したのでした。相当に手強い。先ず、ウィンドブレーカーを脱ぎます。そして、激坂に挑戦。やはりキツイです。当たり前ですね。ハーハーゼーゼー登りながら、でも、前回よりは楽だな、何だか頂点が近くにあるように感ぜられるなと思っていました。民宿キリシマに到着。

P1050415re.JPG


息を整えた後、いよいよ釜伏峠へ。別荘脇が最後の難所。何とかよじ登り峠に到着。フゥー。

P1050417re.JPG


普通ならここで帰還するところですが、今日はそのまま登谷山に登ります。そして、二本木峠を東秩父側に降ります。この林道を通るのは数年ぶりです。いつまでも続くつづら折れを下って、自動車道路に到着。そして帰還へ
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。