So-net無料ブログ作成

赤羽でチゲを食べる [ライディング]

29日(火)、かつての同僚、Hさん、Mさんと赤羽までライディングをしてきました。

本来は秩父の山に行く予定だったのですが、天気が怪しい。東京方面も怪しかったのですが、ぎりぎりセーフになりそう。ということで、今にも降り出しそうな空具合の下、熊谷からアラサイを南に向かって漕ぎ出したのでした。

行く途中、アラサイの上では様々な催しが行われていました。
川島では「輪中ウォーキング」という催しをやっていて、歩行者がたくさん。老若男女連れだって歩いています。ついに途中から自転車は迂回しろという表示が出て、一般道に降ろされてしまいました。戻れたのは、入間大橋のそばまで行ってから。

上江橋を渡り南下すると、切れ目なく続く周りのグラウンドはどこもかしこも少年たちの試合が行われています。それも見守る親たちもたくさん。実に平和な日です。

秋ヶ瀬で少々休憩したのち、橋を渡り、荒川右岸に移ります。そして、南下。しばらくすると、空に何かが浮かんでいます。おお、なんじゃあれは?と話しながら進むと、更に沢山同じようなものが漂っていることに気が付きます。なんと、タコではありませんか!! 会場に近づくとボーイスカウトのような格好をした人が見えてきました。その団体が提供しているのか、同じ色形のタコが拓さん揚がっていることに気が付きました。

IMGP4279resized.JPG

さらに南下すると、今度はジョギングをしている人がたくさん出てきます。そして、注意書き。駅伝大会を行っているので、自転車の人は注意して進んでください、とのこと。目の前が折り返し点になっていますが、ずいぶんな人数で混雑しています。こんなに混んでいるのでは、注意しても無理だと、土手をあがります。何でも、「谷川真理何某」いう大会名になっていました。谷川さん、今でも人気あるんですね。

IMGP4288resized.JPG
【すごい人数でにぎわっていました。】

そしてさらに進むとやがてすごい人数のバーベキュー客。その中をそろそろと進むと、ついに岩淵水門に到着しました。

IMGP4290resized.JPG


赤羽駅前に向かいます。昼食です。前回来た時と同じ店に行ったのですが、1階には入口の戸のところから行列ができています。二階は良いかと聞くと、イッパイだとのこと。あきらめて近くの別の店に入ります。チゲの店でしたが、3人とも大満足。

そして、帰ります。少しポツポツトきて不安になりましたが、結局、熊谷に戻るまで本格的な振りにはならずに済みました。ラッキーでした。

IMGP4291resized.JPG

走行距離、130㎞ほど。やや肌寒い一日でしたが、終わってみれば、快適なライディングでありました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

花巡りロング版定番コース [ライディング]

19日(土)、久しぶりに定番ロングコースを走ってきました。

まず、釜伏峠に上がります。風布は避けて折原から。中間平は素通りします。そりなりの手応え、足応えを感じながら、峠に到着です。

IMGP4203resized.JPG

記念写真を撮っていると、秩父盆地側から一人ローディーが上がってきて、ウィンドブレーカーを着始めたので、少し話をします。40代前半くらいの人でした。定峰峠を越えて盆地側に降りて、三沢ではない登り口から民宿霧島に上がったとのこと。定峰峠から白石峠は通行止めになっていたけど端の方が開いていて通れるようになったことを聞きました。お互い少々情報交換をして別れます。

私は登谷山に上がります。既に桜は大分散りましたが、それなりの風情を感じられます。

IMGP4206resized.jpg
【一人のオートバイのライダーが一眼レフを取り出し、熱心に撮影していました。】

秩父高原牧場に一瞬寄って、さてどうしたものかと考えた末、粥仁田峠で降りることにします。このコースも随分久しぶり。人通り、クルマの通りは本当に少ない道ですが、それでもちゃんと桜並木が出来ています。何だか桜の裏街道のようだと感じました。花びらは散りの盛りで、空中にも道にも沢山あります。

IMGP4223resized.jpg
【粥仁田峠の桜】

IMGP4224resized.JPG
【着く直前、山の中に入っていく人たちの姿が見えました。】

IMGP4231resized.jpg
【林を下るヘアピンカーブにずっと桜並木が続いています。】

IMGP4232resized.jpg
【坂を上り返したところからの眺め。牧場の端になりますね。まあ、なんと言うこともない光景です。】

IMGP4235resized.jpg
【大木で覆われた小さな神社がありました。八幡神社。その前に椿が落ちていました。イメージ通りには撮れませんでした。】


ガタガタする激坂を湯の木まで降りると、綺麗な光景が広がっていました。枝垂れ桜や芝桜その他色々。どこもかしこも色鮮やかでまばゆいほどでした。小さな畑で農作業をしているお婆さんにことわって、写真を撮らせて貰います。

IMGP4238resized.jpg
【お婆さんとおしゃべりをしながら撮ったもの。石垣の上にこの鮮やかな花々があります。】

IMGP4240resized.jpg
【湯の木の集会所の庭先の木。見事ですね。】

IMGP4242resized.jpg
【同上。】


更に、激坂を下り定峰峠に向かう道に降りました。こちらの激坂、本当に凄くて、路面は細い簡易舗装で勾配のきついヘアピンカーブが続きます。私は、両ブレーキレバーを思いっきり握り、中腰になってソーッと怖々降りました。サドルに座るような余裕はありませんでした。

IMGP4250resized.jpg
【凄い激坂のヘアピンカーブの曲がり角に立っていた桜。個人宅の敷地の入り口にありました。】


降りてからは、少し上がって、林道荻殿線に入ります。前回のライディングでは秩父の峠で雪を見ているので、こちらはどうなんだろうなあと、少し心配しながら上がりましたが、大丈夫そう。それでも、七重峠に着く直前、やはり残雪が見えました。一カ所だけでしたが。まあ、ラッキーだったのでしょうか。

IMGP4256resized.JPG
【やはりありましたよ。ここだけですが。】

IMGP4257resized.JPG
【ついに七重峠に着きました。無線関係の方がお話をされていました。】


小川町の赤木側に下ると道の脇に杉の幹から落ちたものが大量に溜まっています。やはり雪の残したものでしょうか。すんなり、切り通しまで降ります。

IMGP4260resized.jpg
【途中の個人宅のかいどの入り口に見事な枝垂れ桜が立っていました。「文子桜」と札が立っていました。残念ながら思うように撮れませんでした。もう少し時刻が早ければ何とかなったのかなあ。】

そして、かやの湯坂を越えて帰還。55㎞程でした。
やはり、距離の割りに充実感のある良いコースだなあと感じました。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

花巡り志賀坂峠 [ライディング]

本日は志賀坂峠を越えてきました。

コースは極々オーソドックスなものでした。波久礼から金尾峠を抜け、長瀞へ。

IMGP4143resized.jpg
【法善寺に一瞬だけ寄ります。結構散りましたが、鑑賞に堪えるほどには花は付いていた感じです。】


そして、皆野から下吉田の龍勢会館へ。

IMGP4146resized.jpg
【龍勢会館の大きな石の前で。】

少し西進した後左折し、トンネルを通り、小鹿野町黒海土へ。コンビニでどら焼きを買って食べます。結びを二つ買い持参。黙々と志賀坂峠に向かって走ります。走りながら、桜の姿を堪能。そう、小鹿野では今が満開なのです。

IMGP4158resized.jpg
【峠の上り坂の勾配が少し急になりかけたところの桜。】

峠の上の方に行くと、雪が残っています。日が当たってもまだ消えてない雪です。トンネル前に着くと、更に沢山雪が見えます。八丁峠方面は通行禁止です。買ってきた結びを食べます。

IMGP4167resized.JPG
【オートバイのライダーが沢山走っていました。この写真を撮っているときも3,4人回りで休んでいました。】

IMGP4165resized.jpg
【遮断機が下りています。雪も沢山見られます。】

IMGP4166resized.jpg
【4月いっぱい通行止めですね。】


トンネルをくぐり、群馬県に入ると雪の量が更に増えます。道の片側にずらっと積もっているところもあります。さすがに北斜面ですね。

IMGP4172resized.JPG
【こんな具合。凄いものです。山肌にも沢山あります。】

IMGP4178resized.JPG
【恐竜の足跡。どうしても止まってしまいます。】


神流川に到着。

IMGP4179resized.jpg
【下ってみると、こちらも桜が満開です。】

IMGP4180resized.jpg
【今日も川には釣り客が出ています。】


こちらもの道筋にも盛大な桜の満開が見られます。坂を下りながら堪能しました。でも、いつもながら、この道、向かい風の部分が多く、結構苦労させられます。

IMGP4184resized.jpg
【少し神社から離れているところでしたが、なぜか幟が立っていました。】

IMGP4186resized.jpg
【前回にも増して花の勢いが増した神流湖の周辺。】

IMGP4187resized.jpg
【同上。この写真を撮っている時、子ども連れの家族の乗ったクルマが停車しました。出てきた途端、ワー綺麗!!と嘆声をあげていました。】

IMGP4196resized.jpg
【ダムの堰堤の近くで。真下に貸しボート場が見えました。】

IMGP4198resized.jpg
【同上。】

IMGP4200resized.jpg
【なぜか馬が・・・】


鬼石から児玉を回って帰還。120㎞ほどのライディングでした。
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

花巡り土坂峠 [ライディング]

本日、龍勢会館を目指しました。金尾峠の苦しさは相変わらず。ちょっとだけ法善寺に寄ります。いつもながら、カメラマンが沢山来ていました。

CA390316resized.jpg
【枝垂れ桜は良いですね~】

龍勢会館について、さてどうしたものか。何となく西へ向かいます。自然に上吉田に着きます。ダムの下や元気村をフラフラ。花は綺麗ですね~。感心します。

CA390319resized.jpg
【上吉田のお寺兼集会所前にあった枝垂れ桜。】

CA390322resized.jpg
【元気村の八重桜。】

CA390324resized.jpg

CA390326resized.jpg


この先どうするか?ダム方面に行き更に上流に向かうと、やがて林道で山を登り切り群馬側に降りることになります。雪は大丈夫か?まだまだ結構残っているのではないか?では、土坂峠だな・・・。やっと進路が決まり登り始めます。この道、途中がきついですね。このところ山に登っていないせいもあってかハーハーゼーゼー。土坂千本桜はまだ一分か二分しか咲いてないですね。

CA390327resized.jpg
【こんな具合。向こうに見える暗がり、トンネルだと思って期待したんですが、外れました。】


CA390328resized.jpg
【やっと着きました。土坂隧道。】

CA390329resized.jpg
【ここに来る林道、上武秩父線は通行止め。アリャ、その内この道、通るつもりだったのに・・・。】

トンネルをくぐって群馬側を降ります。でも、これが危ない危ない。所々で路面が砂で一杯になっているのです。良い調子でカーブで自転車を傾けたりしたらステーン!と行きそうです。もう落車はこりごりです。ノロノロと慎重に降ります。

CA390332resized2.jpg
【こんな具合。怖い、怖い。】

CA390334resized.jpg
【久しぶりの万場高校。釣り人の姿も見えました。】

神流川まで下ったら後は鬼石に向かって下るだけ。
この道を走るのも久しぶりですが、今日は工事で止められたのは一カ所だけ。以前やっていた工事は幾つか完了していました。いずれも道路のRを小さくする工事です。そのために、湖の上に橋を架けられていました。用済みになった以前の道の中には膨大な砂が盛られているところが2カ所ありました。製造直売の饅頭が美味しい長井屋さんの前も橋の工事が進んでいましたね。

湖面の美しさは相変わらずです。

CA390335resized.jpg

CA390337resized.jpg

昼食は手打ちうどんの店に寄ってみました。気さくなおばさんが色々サービスしてくれました。

鬼石から児玉を抜け帰還。100㎞程度のライディングでした。やはり、峠に登るときつさもありますが、爽快でもありますね。

(カメラを忘れてケータイw53caでの撮影でした。)

nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Hさん・Mさんと桜と鰻(2) [ライディング]

鰻を食べた後は同じコースで帰ります。

IMGP4019resized.JPG
【鰻を食べた店の前。赤羽は下町の雰囲気ですね。】

走り始めてすぐ、土手の上に素晴らしい桜並木を発見。ワオーッ、でした。

IMGP4024resized.JPG

IMGP4025resized.jpg

IMGP4027resized.jpg


再び走り始めると、追い風が背中を押してくれます。その中を35km/h前後のスピードでトレーンを組んで進みます。良い気分です。

IMGP4031resized.jpg
【菜の花はどこも満開でした。】

IMGP4039resized.jpg
【再びの吉見桜堤。行きよりも人出が多くなっていました。それだけに自転車での通行には注意が必要です。歩行者にあわやぶつかりかけたローディーも見かけました。】

秋ヶ瀬公園、ホンダ飛行場、パノラマ公園で休憩。熊谷の桜堤に戻ってくると、まだまだ日は高くて暖かい。良い一日でした。

IMGP4035resized.jpg
【ホンダ飛行場で一台の軽飛行機が離発着訓練を繰り返していました。】

IMGP4041resized.jpg
【熊谷桜堤に戻ってきました。子ども達も沢山出ています。】

IMGP4044resized2.jpg

IMGP4045resized.jpg

走行距離は130㎞を少々上回る程度でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Hさん・Mさんと桜と鰻(1) [ライディング]

4月2日(水)、かつての同僚、Hさん・Mさんと、赤羽までライディングをしてきました。お目当ては桜。ついでに、鰻も食べてきたという次第。なかなか良かったですよ。

9時に熊谷の桜堤に集合。もう、大変な絶景でした。観光客も次々に集まってきます。その中を我々は南を目指します。途中、何度も、菜の花の黄が世界を埋め尽くしている様に感嘆。堪能しながら進みます。

IMGP3961resized.JPG
【朝の熊谷桜堤。菜の花と桜の組み合わせが見事。】

IMGP3965resized.JPG
【撮影にいそしむ人も沢山。】

IMGP3967resized.JPG
【自転車の人も。これは我々ではありません。】

IMGP3971resized.JPG
【集合の後、我々も出発。】

そして、吉見の桜堤へ。ここは、堤防の両側に桜が植えられています。さながら、桜のトンネル。その中をゆったりと通り抜けました。
IMGP3975resized.JPG
【ここも菜の花と桜の組み合わせが見事です。】

IMGP3990resized.JPG
【桜のトンネルをくぐるHさん、Mさん。もう最高ですね。】

IMGP3993resized.JPG
【私のFM015も喜んでいます。】

IMGP4001resized.JPG
【これは、大宮のモトクロス場の近く。】


そして、川越から大宮、秋ヶ瀬を抜け、都内に入ります。堤防したの道路が広々として良い気持ちです。岩淵水門に到着。
IMGP4006resized.JPG
【赤い水門と桜のコラボレーション。】


そして、赤羽駅近くへ。前回も気になっていた鰻屋を目指します。すると、難なく発見。「鯉とうなぎのまるます家 総本店」です。自転車を3台まとめてワイヤーでで縛り、入り口の戸を開けると、ビックリ。店全体がカウンター席。そして、満杯。しかも、ビアジョッキを傾けている人が沢山います。アリャりゃ、場違いなところに来ちゃったのかな?戻るか?と一瞬迷っていると、店の人が、「2階へどうぞ」と声を掛けてきます。言われるまま狭い階段を上がってみると、あれ、ビックリ。畳が敷き詰められた座敷。しかも、客は我々以外いません。何とも落ち着いた良い気分。名物の鰻重を注文して頂きました。

IMGP4015resized.JPG
【色々面白いものが壁に掛かっていました。】


帰るとき、Mさんが熊谷から来たというと、店の人はビックリ。ま、普通の人は驚きますよね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。