So-net無料ブログ作成

上野村のスカイブリッジを渡る

今日は群馬県の上野村まで行ってきました。

8時過ぎに出発して小鹿野を目指します。皆野の市街地を通過して坂を下り橋を渡り、県道43号で小鹿野方面へ。国道299号に合流してからはこれに乗り、志賀坂峠方向に向かいます。

黒海土でコンビニに寄って鯛焼きを一つ。味はイマイチ。まあ、しょうがないでしょう。

P5190021resized.JPG
【コンビニにあった自転車掛け。ぶら下がっちゃあ行けませんねぇ。】

後は黙々と上がり、やっとこさ志賀坂峠に到着。11時頃。桜がないと、やはり、道中ちょっと寂しいですね。

P5190027resized.JPG

P5190034resized.JPG
【遠くに見える武甲山が激しくえぐられている様子がここから見る角度だとよく分かりますね。】


左手を見ると、林道をバーが遮っています。林道西金山志賀坂線。八丁峠から中津川方面に向かう道です。

P5190030resized.JPG
【以前あった4月30日までという紙がはがされています。】

アレッ、前回来たときは4月30日まで通行止めと出ていたのに、5月中旬を過ぎても駄目とは、これ如何に?と思っていると、バーの向こう側から来た車の人がバーを持ち上げて出てきます。聞いてみると、まだ雪が残っているところがあるとか。そして、もっと大変なのが、岩がゴロゴロ。雪崩で岩が道の上に移動したようだとのこと。雪が融けてみたら出てきてビックリだったとか。ということで、これは、いつになったらここが通れるようになるのか、分かりませんね。


ともかくトンネルをくぐり、神流川を目指して下ります。この道は砂も少なく快調です。今日は長いので、恐竜の足跡のところには寄りません。

P5190036resized.JPG
【この川沿いは、川に沿ってかなり強引に建てられている建物が目立ちます。大地震が来たとき無事であれば良いのですが・・・。】

橋を渡り、左折。上野村の「ふれあい館」まで行こうという心づもりをしています。


途中の温度表示の掲示板は22度を示していました。やはり、夏よりは随分涼しい。

P5190037resized.JPG
【ハイカーのおばさんが休んでいたので、挨拶をしたら、返事が返ってきました。良いなあ、ハイカーって。うん?】

P5190040resized.JPG
【下の神流町に比べると、上野村には少し土地の余裕があるように見えました。】


上野村の道の駅に12時少し前に着いて昼食。イノブタ丼を食べました。脂肪肉が沢山見えましたが、気にしない。ライディングの時はうどん・そばの類ではなく、ガッツリ系のもので行くのが私の基本方針。まあ、状況次第ですぐに揺れてしまう基本方針ですが。

丁度一番混む時間なので、出来るのに時間が掛かり、やっと食べ、更に道を進めて、ふれあい館に着いたのは12時45分頃。しかし、なんやかんやと色々立派な箱物が出来ていますよね、この村は。丁度村営バスが来ましたが、「電源立地地域対策交付金事業」で昨年買ったという表示がありました。山の奥にダムがありますからね。色々なところから色々とお金が出るんでしょう。

P5190042resized.JPG

P5190045resized.JPG
【「ふれあい館」と「クラフトマンショップこかげ」の間。シルエットが美しいので撮らせて貰いました。】

P5190056resized.JPG
【「こかげ」の店内を外から。】

P5190057resized.JPG
【同上。】


しばし、休憩の後、帰ることにします。でも、このまますんなり帰ってしまうのでは少し物足りない。そうだ、「スカイブリッジ」に行ってみようと決めます。当然ながら、国道299号線をすんなり帰るより遠回りになりますが、まったく別方向というわけでもない。今日は十石峠にもぶどう峠にも行かないのだから、少し山の中に入っても良いだろうと決めます。
途中で右折して、「不二洞、スカイブリッジ方面」に入ります。少し踏み応えのある坂が結構続きます。右足の大転子があまり痛くならなければ良いんたけどなあと思っていると、着きました。「川和自然公園」。その眼下に「スカイブリッジ」が真っ白なドレスを着て輝いています。

P5190068resized.jpg
【まだツツジが結構見られます。】

P5190072resized.jpg
【同上。】

P5190079resized.JPG
【花の向こうにスカイブリッジ。】


おう、おう、おうと、近づいてみると、何?自転車禁止・・・?。そう言えば随分狭いね、この橋は・・・。

P5190083resized.JPG


P5190085resized.JPG


P5190088resized.JPG


スピーカーから1往復100円という声が聞こえます。有料かよ?まあ、良いけど・・・。しかも、「監視カメラ設置」という表示まである。こりゃ、ごまかせませんね。私は戻るほど時間が無いので一方通行で終いにするつもりでしたが、問題は自転車。降りて押して歩けば誰も文句は言わないでしょう。

ゆったり歩いていくと、なかなか良い気分。若けりゃ、ヤッホーの掛け声も出るかも知れません。平日にもかかわらず、客は結構来ていました。老若男女隔たり無し。「緑が目に突き刺さるようね」という激しい比喩をされるおばさんの声がすぐ後ろから聞こえてきたので、サングラスを取って見ると、成る程、鮮やか・・・。私の新コンデジは緑の再現が不得意らしいですが、設定を調整して撮って見ました。どうだー?!というくらいに鮮やかに。

P5190098resized.JPG
【山の中に国道299号線と村の中心部が見えています。】

CA390314resized.jpg
【対岸。このトンネルをくぐると現世に戻れる用です。暗いトンネルの足下にはクリスマスツリーに掛けるような長いライトの線が両側に設置してありました。メルヘンですね。】

向こう側に着いてから、すぐに下りますが、これが超劇坂。おまけに砂のまき方が凄い。このヘアピンカーブ、曲がりきれるだろうか、曲がろうとすると落車しちゃいそうだなあという不安を何度も堪えて、何とか下りきりました。

CA390315resized.jpg
【途中の展望台からの見晴らし。やはり、平地が比較的ある感じですね。】


もう2時を回っています。ウーン、これは帰着は5時かな?それが目標だなと、後はひたすらペダルを漕ぎます。道の駅万葉で飲料補給。次いで、鬼石のコンビニで飲料補給。結局、5時少し前に到着。

今年、久しぶりにぶどう峠(十石峠)に上がるとしたら、1時間前に出て、5時帰着という勘定になるなと、一応の腹づもりが出来ました。


OLYMPUS STYLUS XZ-2

新カメラを持って、円良田湖から城峰山・天空の楽校・日野沢小学校へ [ライディング]

今日は表題の通りのライディングをして来ました。
円良田湖から陣見山線に入り、間瀬峠から後半部に入ります。出牛に出て、林道上武秩父線に入り城峰山の石間峠まで上がりました。そして、そのまま峠を下って日野沢の天空の楽校に寄って少し遅めの昼食。秩父華厳の滝、廃校になった日野沢小学校に寄り、帰ってきました。


P5170037RESIZED.JPG
【今日も美しい円良田湖。】

P5170039resized.JPG

P5170042resized.JPG
【陣見山線の入り口。】

P5170044resized.JPG
【例のところ。汚れ方は相変わらず。】

P5170045resized.JPG
【一緒に着いたクルマ。スーパーセブン。1500cc。輸入品であるとか。『自分で組み立てですか?』なんて聞いてしまいました。所有者は、今度シマノの軸の生産を請け負ったと言っていました。】

P5170048resized.JPG
【陣見山線後半部で一番見晴らしの良いところ。】

P5170052resized.JPG
【城峰山を大分上がってから出てくる例の冗談のような看板。「ゴーストタウン」という注釈があっても良いですね。今日は寄りませんでした。】

P5170053resized.JPG
【遂にやってきました久方ぶりの石間峠。】

P5170062resized.JPG
【峠からの秩父盆地の眺め。桜の木が大きくなってきて、見晴らしにはぐっと具合が悪くなってしまいましたね。】

P5170074resized.JPG
【ここでは今がツツジの旬。】

P5170086resized.JPG
【武甲山も桜の葉の間から姿を見せていました。】

P5170095resized.JPG
【長~い下り坂をやっとの事で下りていくと、こんな光景が・・・。何じゃ、一体?】

P5170097resized.JPG
【天空の里に入り、劇坂を上り、遂に着きました天空の楽校。今日は「春の給食」を頂きました。天空のちまき+フローズンケーキ+アイスコーヒー。1000円でした。美味しかった。】

P5170109resized.JPG
【門平の高札。バテレン取り締まりの表示がありますね。県指定史跡。】

P5170110resized.JPG
【秩父華厳の滝の上部に着きました。】

P5170112resized.JPG
【おお、怖っ! 華厳の滝を守っているのでしょうか。】

P5170118resized.JPG
【滝口。】

P5170119resized.JPG
【札所34番前。この橋の向こうは民家なので入らないでくださいとの表示がありました。】

P5170124resized.JPG
【廃校になって12年。日野沢小学校。】


P5170129resized.JPG


P5170133resized.JPG


P5170144resized.JPG


P5170159resized.jpg

OLYMPUS STYLUS XZ-2

新カメラを持って、合角ダム~矢久峠~神流町青梨~万場の鯉のぼり(2) [ライディング]

更に山道を上がっていきます。

人家が一軒もない山の中にビニールハウスと小さな畑がポツッポツッと現れます。
P5060043resized.JPG

P5060044resized.JPG
【この畑、3年前来たときは電線で囲ってありましたが、なぜか外したんですね。】

そして、更に進むと、遂に埼玉側の最後の民家が出てきます。その回りに花が咲き誇っていて見事でした。

P5060047resized.jpg

P5060051resized.jpg

P5060055resized.jpg

P5060059resized.jpg


そして、更に上がり矢久峠の表示を過ぎて更に行くと、遂に林道を上がりきりました。林道西秩父線とぶつかり三叉路になっています。

P5060063resized.JPG
【登り切ったのが林道二子山線。それが接続しているのが林道西秩父線ですね。】


左に行くと、又々三叉路。真っ直ぐ行くと、志賀坂峠方面への林道西秩父線。右に折れると群馬県の神流町に下ります。林道高萩線と言うのですね。今日は、群馬側に行くことにしていました。

P5060065resized.JPG

P5060066resized.JPG
【志賀坂峠方面は「積雪のため全面通行止め」。でも、この写真を撮っている時、この看板の向こうからクルマがやってきました。通れるんですね。そりゃそうですね。それにしても路面が凄い。】

P5060069resized.JPG
【群馬側に降りるのを木の間から観音様が見送ってくれました。】


道の中央部にはこけが生えていて下るには怖い林道です。道路を埋めている杉の葉もいやですね~。慎重に、慎重に、くねくね道を降りていくと、遂に集落が見えてきました。

P5060071resized.JPG
【突然現れた大きな畑が印象的でした。】

P5060073resized.JPG
【国道に面したところ。】

神流町の青梨地区でした。

神流川沿いに鬼石に向かって下ります。今シーズン3回目。


万葉の里で昼食。

P5060074resized.JPG
【駐車場にクルマ用の充電器が置いてありました。】

万場の街に入ってみると、おお、やっています。神流川を越える鯉のぼりの群れ。いやあ、豪勢ですね。ステージが作られていて、「柏原芳恵 on stage」が始まります。歌い始めると、客席から「ヨシエチャーン!!」という大きなかけ声が掛かるのに驚きました。こちらのオジサンも相当若返っていますね。

P5060076resized.JPG

P5060096resized.JPG

P5060098resized.JPG

P5060085resized.JPG

P5060093resized.JPG

後は下ります。

何度見ても、鬼石の商店街はディープです。チョッコットパチリ。

P5060108resized.JPG

P5060109resized.JPG

P5060111resized.JPG

後は、児玉に抜けて帰還。

P5060112resized.JPG
【出発地近くに戻ったところ。天気予報に反し、ずっと曇った一日でした。】

新カメラを持って、合角ダム~矢久峠~神流町青梨~万場の鯉のぼり [ライディング]

3年前の12月以来久しぶりに、合角ダムの脇から山に入り矢久峠を越えて、神流町青梨に降りてみました。

コースはいつもの通り、長瀞から龍勢会館、そして合角ダムへ。今回は新しいデジカメOLYMPUS STYLUS XZ-2を持参したので、試し撮りを兼ねてパチパチ。

P5060006bqdh.qw.JPG
【長瀞対岸。怖い印象。「ドラマチックトーン」】

P5060008resized.JPG
【合角ダム桃湖で。カメラの「アート」機能でしばらく遊びます。】

P5060012resized.JPG

P5060016resized.JPG

P5060017resized.JPG


その先真っ直ぐ進みます。

途中までずっと川の端を通ることになります。赤い橋が幾つかありましたが、印象的です。

P5060024resized.JPG
【地元の人との語らいが楽しい。聞いてみたら、昔は橋が無くて、河原を歩いて渡っていたとか・・。】

P5060026resized.JPG
【こういうのも美しいではありませんか。】

小さいな集落をいくつもパスしながら峠に近づいていきます。

P5060027resized.JPG
【魚を捕るための仕掛けのようでした。よく見ると川魚の集団がいくつも見えました。】

P5060030resized.JPG
【毘沙門水よりも美味しい「ふれあい水」。残念ながら、ただ今枯れています。】

P5060032resized.JPG
【小さな石仏が印象的です。】

P5060033resized.JPG
【石仏の向かいでは、川に鯉のぼりが・・・。】

P5060036resized.JPG
【こんな集落がいくつも。】

P5060038resized.JPG
【江戸時代の養蚕技術の改良者をたたえる碑。米の作れない山村にあっては神様に相当したことでしょう。】

P5060041resized.JPG
【なぜか柱の表示が・・・。でも、良い具合です。】

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。