So-net無料ブログ作成
検索選択

やまめ乗り--取り合えず、きつい・・・・(2) [ライディング]

5月31日の土曜日
風布から釜伏峠に登り、秩父高原牧場、ポピー畑、長瀞、間瀬峠、逆陣見線を走ったときも同じことを意識していた。つまり、お辞儀をするように背中を伸ばして腰から前に曲げる。手と頭を前に伸ばす。ただし、このときは、ステムが長くなっていた。12cm。これも完成車についていたやつ。

サドルを目一杯下げて、背中を丸め、引き足を使う今までの乗り方で、なおかつステムが長いと、ハンドルが
遠くてはどうにもならない。自分で7cmに変えていた。某倶楽部に初めて行ったとき、あそこでも同様の方針であることを知った。
今の中華カーボン車を組むときは、9cmのものを、あり合わせだけど良いやと、取り付けた。その上で、ブラケットの少し手前に手を置くという使い方をしていた。

でも、やまめ乗りをしてみるとこれは短い。ブラケットのその先を持つような使い方をしても短い。それで何か無いかと探してみると、完成車についていた12cmのものが見つかった。とりあえずと、これを使ってみた。腰が寝ることを考えて、サドルは少しだけ前下がりにした。
このステムを使ってみると、腰があまり立たずにビューッと前に伸びる。腕を前に伸ばしてみたが、前過ぎるとも感じない。これでどんなものかなあと、この日は様子を見た。


6月2日(月)
折原から釜伏峠に登った。風布からよりは楽なはずだが、それでも、着いてみれば、息はゼーゼー、汗がグショグショ。

P6020013resized.JPG
【また狼とご対面。】

秩父高原牧場から粥仁田峠に回る。

P6020017resized.JPG
【この日はポピー畑には降りずに、高原牧場でチラッと見てお仕舞い。】

P6020018resized.JPG
【粥仁田峠には人気がなかった。】

そして、湯の木地区集会所で右折して、林道秩父高原線に入る。

P6020019.resizedJPG.jpg
【昨年の十月に前輪ホイールを曲げてしまったところ。あの時は危なかった。】

P6020021resized.JPG
【隠れた危険性は今も変わらない。こんな具合にグレーチングの隙間にホイールがピタッと入る。】

P6020022resized.JPG
【旧定峰峠の案内。】

定峰峠の近くに出る。茶店で少し休んでから、白石峠へ。休まず、堂平山に上がる。

P6020026resized.JPG
【ここも久しぶりです。】

ときがわ町に降りてうどんで昼食。

P6020033resized.JPG
【うどんを食べた「やすらぎの家」。大きな古民家を改造したもの。】

松郷峠経由で小川に出て、かやの湯坂を登って帰還。

この日は、背中は平らでなくても良いと決めていた。手や頭がビューッと前に出ていれば、背中が多少丸くなっていても、重心は随分前になる。前ペダルにもそれなりに上半身の重みは伝わるだろうと考えたからだ。そして、引き足が自然に出ても良いとも決めた。そして、ここは踏ん張ろうというところでだけ、腹を突き出すような意識を持ってペダルを踏んだ。志賀坂峠に登ったときのような疲労感を避けるには、中庸を狙うのが良いのかなという思いがあった。

ところが帰還して、自転車から降りたとき、違和感を感じた。腰が妙な具合に痛い。この痛さ、やばそう。でも、深刻になる一歩手前で止まっている。何だろう?ははあ、軽いぎっくり腰だなと、見当を付けた。特に、小川からかやの湯の坂を登り切るまでのそれなりの距離を、背中を伸ばし、手には余り重みを載せず体幹の力だけで支えて走った。それが効いてしまったか・・・。その痛みは、3日経った今も完全には解消していない。


そんなわけで、私のやまめ乗りのまねごとは、取り合えず、体にきつい。ハムストリングに強烈な疲労感が来たり、軽いぎっくり腰になったり。慣れて筋力が付けば自然に解消するのか。それとも大先生に直接教われば、楽にスピードが出る本来のヤマメ乗りの魅力を我がものと出来るのか。しばらく、様子を見たいと思っている。

やまめ乗り--取り合えず、きつい・・・・(1) [ライディング]

堂城賢氏の「自転車の教科書」を買った。amazonからkindleブックで買ったので、907円。紙で買うと1512円。やはり、電子書籍はこういう値付けをしてくれて初めてありがたみが沸く。

自転車の教科書.jpg

ま、それはともかく・・・・。以前から雑誌で見ていて、ある程度は知っていたつもりであったが、興味深い記述が随所に見られた。

自転車の「『理想の乗り方』を説明するならば、前側の足に加重することよりも後ろ足の荷重を完全に抜くということです。」「『ペダリング』とはクランクを回す動作です。ペダルを踏み込むことではありません。やまめのペダリングを突き詰めると、クランクは『回す』ではなく『自然に回る』になります。」「無理な力を加えずに、いつまでも自然に回るペダリング。僕はこのペダリングの技術を『夢の永久機関』と名付けました。」

また、某レッスン倶楽部のことを意識したのか、次のような記述もある。背中を丸めてお腹を凹ませた姿勢は、・・・・僕が教えている姿勢とは真逆の姿勢です。トップチューブに膝をするように内股でペダリングをしなさいというのは、この姿勢の場合ですし、『Qファクターを狭めろ』というのもこの場合です。内股だと足を高く上げにくいですから、クランクは短いものしか使えません。」そのまんま、某倶楽部で教示している内容そのもの。勿論、これでは駄目だよという意味合いで記述されている。

では、どう乗ればいいのか。
「まず初めに、ハンドル・サドル・ペダルの三点に均等に荷重することができるようになること。」そのためには、背中を伸ばしてそのままお辞儀をするように乗ること。その際、「ハンドルが遠くにあった方が身体も支えやすく、腹筋・背筋も、腕も楽だ」。つまり、以下の図のように乗るのが正しい、ということになる。

やまめFORM.jpg


それが、「踏まなくてもクランクが回る『姿勢』」である。そのとき、「自転車の真ん中にも『ちゃんと』乗っている。前がはっきり見えて呼吸が楽で、バランスが取れている。頭の位置が低くて安全で、スピードも出るし空気抵抗も少ない。」
クランクの位置が12時過ぎから3時の位置で荷重を掛けると、前に進もうとする力が働きます。しかし、3時以降の位置で力を入れてしまうと、前輪が地面に刺さろうとする・・・・。ですから、やまめの学校では、フィッティングの際に、3時以降で力が入りにくく、踏み込みにくい場所にサドルを取り付けるようにしている」


読んでみて試しても良いなあという気になった。と言うのは、私の理解では、背中を丸めるオーソドックスな乗り方でも、上達するにつれステムが長くなりハンドルが低くなるのは、上半身の重みをより有効に利用しようとするからだ。でも、そのことを自覚してないか、自覚していてもあえて表現しようとしない自転車教師やテキストが目に付く。『自転車は踏み足ではなく引き足で漕ぐ』という表現は、ペダリングのコツに止まらず事実を表現したものであるならば、どう考えても合理的とは言えない。そのことをより明確に表明し自分の理論の中心に据える人がいるのは当然のことであり、また健全な現象でもあると思う。だから、私も少し試してみたくなった。



結果、次のようになった。

5月27日
秩父盆地を経由して、志賀坂峠から神流町に降りた。
このときは、ステムの長さこそ変化はなかったが、やまめ乗りを意識したライディングフォームをとった。すなわち、背中を伸ばし、腰からお辞儀をするように上半身を前に倒す。もっとも、自然に腰が立ってきてしまうのはなかなか抑えられなかった。でも、金尾峠の登りにかかり、お辞儀を改めてより意識すると、フッと楽になるポイントがあるように感じた。両手に体重をかけ、首を前に出すことを心がける。すると、自然に引き足で重りを持ち上げる感覚がなくなる。これだけで意識としてはずいぶん違う。そして、さらに腹を出すようにすると、スルッとペダルが回るのだ。おお、これ、これ。いつもより速い気がするがどうなんだろう?と、坂を登りながら思っていた。

その調子で、平地に降りても、速いかなあ?速そうだなあと思いながら、走る。両手は、ブラケットの頭の先をつかむようにして、手を伸ばしている。

長瀞対岸から皆野、小鹿野へ。国道299に出ると緩い登り坂がずっと続く。少しアップダウンがあり、短いながらも少し斜度のある部分もある。そこを、オラーッ、オラオラーッという調子で上がる。初めはきつくても、改めて背中をまっすぐにして首を前に出していくと、上手くポイントが合ったところでヒョイと進む。

ただ、体重をハンドルに預けてみると、ハンドルの幅がもっとあった方が良いなあと感じた。元々、私は、完成車についていた42cm幅のハンドルを使っていたが、某倶楽部にレッスンを受けに行ったとき、38cmを勧められ、元のハンドルはその場でお払い箱の中に消えた。その後、現在乗っている中華カーボン車を組むとき、やはり狭いよなあと思って、じゃとりあえず40cmと決めた。今までの引き足を十分に使う乗り方だと、この幅でとくに違和感を感じることはなかった。この幅が自分に合うのだろうなと思っていた。でも、今回、ハンドルに体重をかけてみると、ちょっと狭い。手から体重を抜き、体幹の力だけで支えるようにしても、手がもう少し外にあった方がやりやすいなあと感じる。

また、Qファクターについても広げたいと感じた。
某倶楽部のレッスンでは、Qファクターを狭くして、膝をトップチューブと交差させるX脚でのペダリングを勧める。私もそれに従っていたが、やがて、右側の大転子を痛めてしまい、数ヶ月自転車に乗れなくなってしまった。それ以降、X脚のペダリングは自分には合わないと考え、Qファクターもごく通常にして、膝はトップチューブにかぶらせず、まっすぐ引き上げるように変えた。これで何の不都合も生じず、これで良いのだろうなと思ったいた。
でも、踏むペダリングにすると、様子が違う。踏むと言っても、力任せに足を伸ばすような動作はしなかった。ただ、上半身の重さを前足で受け止めそれをペダルに乗せるという受動的な使い方をしただけである。それでも、Qファクターが狭いなあ、もっと広いと楽だろうなと感じた。ペダルをスピードプレイに変えた方が良いだろうか。

P5270014resized.JPG
【電気関係の大きな施設の隣にある橋。やはり風情があります。というか、ちょっと怖い・・・。】

P5270020resized.JPG
【林道西秩父線。やはり通れないんですね。夏まで待っても駄目でしょうか。】


まあ、それはともかく、やっぱりやまめ乗りだと違うなあ・・・と感じながら、峠の頂上に到達。しかし、ここで一つ大きな違和感を感じた。足が疲れている。大腿四頭筋の疲れは、いつも通り一切無い。でも、裏側の筋肉、ハムストリングの疲労感がすごい。たいした距離でもなく、たいした坂でもなかった。でも、最近無いほどの疲れ方。これはどうしたことだ。正しくやまめ乗りが出来ていないからか? それとも、高い出力を出せば、当然負担も大きくなっているはず、というだけの話か?

P5270025resized.JPG

P5270021resized.JPG
【八丁峠、中津川方面もやはり通行止め。夏までに何とかなるでしょうか。】


トンネルをくぐり、神流町まで降りると、足の疲れで、上に行く気は起こらず、そのまま帰ることにした。

P5270030resized.JPG
【神流川を渡る橋。この名前、リアリティーがありますね。】

P5270032resized.JPG
【神流川を下る途中の鮎神社。】

P5270035resized.JPG
【大岩に面して、元総理福田さんの名前がありますね。もし生きていたら、現在の集団的自衛権の問題に何というか・・・。】

P5270038resized.JPG
【神流湖の回りの道。谷を越える橋の建設工事だそうです。もういくつも出来ていますね。この道、いつも何かの工事をしています。最後には、湖を直線で突っ切る橋でも造ることになるのではないでしょうか。】

途中、鬼石のそば屋で昼食をとると、食べ終わった頃、隣の席にいたおばさま方から声がかかる。「お兄さん、これいかが?」。見れば、お焼きである。「そこの店で買ったの。おいしいわよー」。はあ、そうですか。それはありがたい。いただきましょう。それにしても、「お兄さん」とは、驚いた。自分がそんな風に呼ばれるとは想像していなかったが、そう呼ばれると疑問の余地もなく、自分のことだと思ってしまう。ありがとうございました、おばさま方。本庄から来たと仰っていました。

まあ、それはともかく、その筋肉の疲れと体力の消耗は甚だしく、回復には2日を要した。通常のライディングだと私の場合、1日でオーケーなので特別に負荷が強かったことになる。

P5270043resized.JPG
【鬼石の街はディープ。素通りできない。】


P5270045resized.JPG


P5270046resized.JPG


P5270051resized.JPG




風布からの釜伏峠・ポピー畑・間瀬峠・逆陣見山 [ライディング]

31日は、秩父高原牧場の近くのポピー畑に行ってみることにしました。

出かけに前輪がパンクしていることに気がつきました。その手当から始まります。

風布へは玉淀ダムの脇から山越えで行きました。今シーズン2回目。この劇坂だけで、すでに満腹感がありますね。汗ダラダラ。息はゼーゼー。

風布館からいよいよ「あの坂」に向かいます。釜伏峠です。さすがにきつい。「劇坂の大関」(私の勝手な命名)です。そう言えば、本屋で立ち読みしたら、何かの自転車雑誌の今月号に取り上げられていましたね。元プロが、きつい坂でいやだった、と書いていますね。そうでしょう。誰だって、あの坂は嫌ですよ。ま、そこに好きこのんで行くアホがここに一人いるわけですが・・・。

やはり、今回も苦労しました。でも、まあなんとかシッティングだけで完了。勿論、インナー×ローを使った上でのこと。賽神峠までたどり着いたときは助かった気分になりました。なぜなら、記念写真を撮る振りをして休めるからです。

P5310013resized.JPG
【写真を撮っている間、クルマは2,3台通りましたが、自転車は来なかったです。】

P5310014resized.JPG
【例の「パワースポット」のところ。表示が増えていますね。小保方さんは良いですが、「宇宙遺産」というのはどうですかねー。江南にもそんな表示の立て札があるということですが、ここはちょっとすごいですね。英文の表示があります。「This Mt Ogine is registered as a beritage of the SPace in the world.」とあります。そんなregistrationを誰がやったんですか?火星人?アンドロメダ星雲人?登録まで言っちゃうんですか。それに綴りが間違っていますよ。beritageじゃなくてheritage。最近処分を食らったJ2リーグサポーターの差別フラッグを思い起こさせますね。】

P5310019resized.JPG
【今日は、狼君も暑そう。】


今日は良い日で、秩父高原牧場には客が一杯。私も久しぶりにソフトクリームを頂きました。

P5310020resized.JPG


ポピー畑に行ってみると、駐車場に入るクルマが長い行列を作っています。それを見て私は、そこから離脱。一つ下のヘアピンカーブに行ってみることにしました。そこは駐車場からの出口。そこで少し見物させて貰いました。人出も賑やか。ローディーも沢山いましたね。挨拶しながら、相手の顔をよく見たのですが、残念ながら、知りあいの人は一人もいませんでした。

P5310021resized.JPG


P5310026resized.JPG
【この方、凄いですよ。一台の三脚に、キャノンの望遠白レンズ付きの35mm一眼レフとペンタックスの望遠レンズ付き中判一眼レフカメラを載せていました。中盤はフィルムを使っていましたね。】

P5310029resized.jpg

P5310043resized.jpg


ポピーを堪能した後は、秩父盆地に降りて、奥我で昼食。冷やし担々麺を頂きました。再出発するとき、靴のクリートの位置を調整しました。最近、某有名自転車プロ教師の「自転車の教科書」という本を読んで、感じるものがあり、他にもいろいろと設定をいじっています。ま、それについては、別の機会に・・・・。

このまま帰宅では物足りないなあ、どうしようかなあと考えます。そう言えば、2年前、こういう機会に「劇坂の横綱」(私の勝手な命名)、三沢からの釜伏峠に登り、風布に降りるとき、落車骨折、入院と相成ったのでした。それを嫌ってと言うわけではないのですが、右の大転子に少し痛みを感じていたので、これ以上の劇坂は止めた方が良いだろうと、間瀬峠に登ることにしました。適度な斜度で丁度良い具合でした。


P5310055resized.JPG
【間瀬峠から長瀞の街を見下ろしますが、まあ、なんと言うこともないですね。】


そこからは逆陣見山線。快適でした。そして、帰宅。

P5310058resized.JPG
【陣見山線に入ってしばらくして出会った猫。いくら声を掛けても無反応。逃げもしません。野良猫なんでしょうねー・・・・。】

P5310060resized.JPG
【一番高いところに着きました。相変わらず。実はステムが以前より数センチ伸びています。】


久しぶりにマグネットを前輪に付けられて、その結果走行距離50㎞弱と出ました。短かったですね。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。