So-net無料ブログ作成
検索選択

かつての同僚と、滝沢ダム、ニッチツ鉱山、八丁隧道、志賀坂峠 [ライディング]

昨日はかつての同僚、Hさん、Mさんと、秩父の奥を走ってきました。

私とHさんは、「道の駅あらかわ」にクルマをデポして、Mさんの待つ「三峰口駅」へ。Mさんは輪行して来たのでした。

P8200055resized.JPG
【三峰口駅の屋根の下になぜかあった「日産ローレル」。埼玉ナンバーでした。】

P8200056resized.JPG
【液の近くの橋で下を覗いてみます。荒川が小さな渓流になっています。】


そして、140号線をさかのぼり、ループ橋を渡り、滝沢ダムへ。

P8200061resized.JPG
【ループ橋をほぼ登り切ったところ。】

P8200060resized.JPG
【Hさんが来ました。】

P8200063resized.JPG
【Mさんもリュックを背負って元気です。】

P8200068resized.JPG
【ダムをバックに御両名。】

P8200069resized.JPG
【奥まったところにあるダムを渡る橋。】


そして、トンネルをいくつもくぐり右折して、中津川渓谷に入ります。又々、トンネルをいくつもくぐります。

P8200070resized.JPG
【左へ行くと中津川本流、中津川林道、三国峠。右へ行くと、神流川、金山志賀坂林道、八丁峠。勿論、右に行きます。】


P8200072resized.JPG
【途中の渓谷。】

P8200073resized.JPG
【殉職された方の卒塔婆。毎年更新されているようです。実名が書いてあります。】


最後に雁掛隧道を抜け、不思議の国、ニッチツ鉱山へ。照明が無く真っ暗で、道もでこぼこでしたが、Mさんの強力なランプのおかげで、不安無く進めました。

P8200076resized.JPG
【このトンネルがフシギの里への入り口。】

P8200078resized.JPG
【ニッチツ鉱山の建物。大雪でつぶされたんでしょうね。大型車が下敷きになっていますが、放っているんですね。】


ここからいよいよヒルクライムになります。

P8200079resized.JPG
【会社が作ったニッチツ鉱山の慰霊碑。】

P8200085resized.JPG
【結構林道を上がったところにあった廃屋。】


狭いつづら折れの道が続き、途中から勾配がきつくなりますが、何とか八丁隧道に到着。今日も霧が出てきていました。真っ暗なトンネルの向こうで奇声を発して喜んでいる若者の集団がいました。トンネルの中でこれをやると、メガホンにこだまがプラスされたように響くのが面白かったのでしょう。こういう子どもっぽいことをやる人に遭遇するのは初めてだなと思いながら進むと、途中で、空ぶかししているクルマの脇で歩いている人が二人いることに気がつきました。元気に挨拶をしてくれましたが、まあ、こういう山奥では異質な人たちですね~。

P8200097resized.JPG
【トンネルを抜けたところ。素晴らしい光景にうっとり。】


そして、林道を降ります。道はそれほど荒れてはいませんが慎重に、慎重に。

P8200099resized.JPG
【志賀坂峠。】


志賀坂峠に着いてからは、小鹿野の市街地に向けて、国道299を下ります。自然にスピードが出るワインディングロードにHさんはすっかり感激。「快適だね~。バイク(オートバイ)時代を思いだすよ」と。

確かにこのコースは、良いですよね。登りの負担はそれほどきつくなく、八丁隧道のところから長~い下り坂を楽しむことが出来ます。約27㎞。

P8200100resized.JPG
【途中あった「新秩父開閉所」。高圧電線を乗せた鉄塔の列が何本もここに向かって列を作っていました。】


午後1時を少し過ぎてから、小鹿野高校前の「割烹鹿の子」へ。かねて予定の通り、「わらじカツ丼」を注文します。大きなカツが2枚、丼のふたが閉じるのを邪魔した具合でやって来ます。かじってみると、柔らかい。出汁の効いた味付けも実に良い具合。ところが、旨い、美味いと食べ終わってみると、空具合が急変。ザザーッと雨が降ってきて、とても出られたものではありません。結局30分ほど様子を見てから、出発。三峰口駅を目指します。

P8200104resized.JPG
【途中、チラッと寄った「埼玉県山西省友好記念館」。】

P8200105resized.JPG
【同上。】

P8200107resized.JPG
【同上。】


途中の長い上り坂を登り切り、ダダーッと一気に下り坂を降り、三峰口駅近くに行ってみると、道の回りが全然濡れていません。路面ばかりか脇に落ちている枯れ葉なども、カサッと音を立てそうなほど乾いています。ホホーッ、こっちは降らなかったんだ・・・。ところが、輪行で帰るMさんと別れ、道の駅あらかわに向かい乗り出した途端、大粒の雨がポツ、ポツ。お、これはやばい。ペダルをどんど回して、道を急ぎます。ところがそれに合わせるかのように、雨の勢いが増してきます。まさか、雨雲を追いかけてその奥に自ら入りこんでいるんじゃないだろうなとHさんと話しましたが、停まるわけにも行きません。早く着きたい、着いて雨宿りをしたいとペダルを回します。「こんなに遠かったっけ?」とHさん。そうなんですね~、嫌な道行きになると、遠く感じるものなんですね、何事も。

やっと、道の駅あらかわに着いたときには、自転車もウェアも結構濡れていました。既に雨宿りをしていたオートバイのライダー二人が、哀れむように、興味深そうに、我々二人が自転車をばらしクルマの乗せる様子を見ていました。

Hさんが出た後、10分ほどして、私もクルマを出します。帰宅してみたら、雨の跡は全くありませんでした。やはり山場と平地は違う。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ロング版定番コース2日 (釜伏峠、登谷山、七重峠) [ライディング]

天候や家事に邪魔されて、思うように出かけられないのですが、13日と17日、同じコースを走ってきました。

折原からの釜伏峠、登谷山、林道二本木峠線、林道荻殿線、七重峠、林道栗山線、かやの湯坂、というコースです。

13日(水)
この日はまあまあの天気。

P8130107resized.JPG
【釜山神社】

P8130110resized.JPG
【林道二本木線に入ったところから下界を見ろします。下界は霞んでいますね。】

P8130112resized.JPG
【荻殿線終点。七重峠に着きました。】

P8130113resized.JPG
【同上】


17日(日)
盛大に曇っています。山はすっぼり雲に覆われていました。

IMGP4395resized.JPG
【これから登る釜伏は完全に雲の中、見えません。】

IMGP4396resized.JPG
【釜山神社に着きました。濃霧。】

IMGP4399resized.JPG
【林道二本木峠線入り口。濃霧。】

IMGP4400resized.JPG
【少し下ると、道路上に山羊が出ていました。驚いて声をあげると、山羊は脇の斜面に入って葉を食べることに熱中。木の陰に茶色の山羊もいました。】

IMGP4405resized.JPG
【荻殿線終点。七重峠。濃霧。】

IMGP4407resized.JPG
【下界はまったく見えません。】

IMGP4409resized.JPG
【湧き水のところ。視界10m位でした。】


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

橋倉橋・高篠峠・長尾根・城峰山 [ライディング]

2日(土)は、かやの湯坂から松郷峠、ときがわ町大野の橋倉橋、そして、高篠峠を越え、秩父盆地に降り、北上し城峰山に登って帰る、というプランで出発しました。

ところが出発が遅い。もうそろそろ9時かという時刻になってやっと走行開始。しかも、ギアが自動変速してしまう。実は、先日チェーンが伸びきっていたため替えたのですが(アルテグラ→デュラエース)、アンプルピンを刺しこんだところが非常に固くてピンの両側の形が固定してしまい、ギアの形状に合わせて柔軟に曲がることがないという状態になっていたのです。まあ、何百回も何千回も回っている内にスムーズに行くようになるだろうと期待して乗り出したのですが、初めは不快なギコギコの音を出していただけだったのが、すぐに勝手にギアを変えてしまうようになって、まごつきました。それで、フロントがインナーの時もアウターの時も、出来るだけ斜めにならないギアをリアで選んで走って見ようと決めました。これなら、自動変速にはなりようが無いよな、と見当を付けたのでした。まあ、一日走って見て、一応見込み通りになったようです。

それはともかく、かやの湯坂を越え松郷峠を越え、西平を右折して西進し、白石峠方面をパスして真っ直ぐ進みます。激坂を上り、橋倉橋に到着。

IMGP4380resized.JPG

IMGP4382resized.JPG


いやぁ、暑い。すぐに橋の下の名水に向かいます。顔を洗い、次いで頭に掛けます。アームカバーにもタイツにも掛けます。一瞬、ひんやりします。そして、「事故を避けるために、消毒するか煮沸してください」という注意書きを無視して、手の平ですくって何杯も飲みます。時間が既に11時になっていたので補給食のアンパンもここで食べます。

そして、高篠峠に登ります。途中2人のライダーと行き会いました。11時35分頃、到着。

IMGP4383resized.JPG


林道定峰線で秩父盆地に降ります。12時頃、秩父市大野原の中華料理店に入ります。小丼のセットを頼んだら、餃子ばかりか一人前のラーメンが付いていてビックリ。やっとのことで食べきりました。味は、まあ・・・。

そして、龍勢会館に向かいます。秩父橋には、初老のオジサン二人組がリュックを背負って熱心に橋の下を覗いていました。

IMGP4386resized.JPG


長尾根を苦労して登り、何とか旧下吉田の龍勢会館に着きました。アイスを食べ飲み物を補給して出発。でも、県道37号を西に向かって走り出してから、迷いが出てきました。既に2時を過ぎている。脚力もあまり余裕は無い。今から城峰山に登ったら何時に帰れるのか?どうしよう?と思いながら、走っている内に、昨年工事が終わったポイントに来てしまいました。自然に右折してしまいました。これでは、後は山頂を目指して進むだけ。取り合えず、鳥居の先の激坂を登ってそこで気が済んだら帰ってきてしまおうと、決めます。でもねぇ、実際にその激坂を越えてみたら、次は半納だな、となっちゃうんですね。

IMGP4387resized.JPG
【半納の激坂を登った後眺めた山の集落。】


結局最後まで登ってしまいました。石間峠に着いたのが15時15分少し前。城峰山の山中では誰にも会わなかったですね。林の中から色々な音がして、サルかな、まさか熊じゃないよななんて思いましたが・・・。一匹、野生化しか猫に会いましたね。

IMGP4390resized.JPG

IMGP4388resized.JPG
【秩父盆地は曇っていましたね。】

IMGP4392resized.JPG
【どこの地図だか分からなくなってしまいましたね。でも、ここが山間地区であることだけは分かります。】


帰りはどうするか?結局、想定通り、林道上武秩父線で皆野の金沢に降りました。所々で道路の端の工事が進んでいました。金沢から先、不動山の逆陣見山線をやるのはちょっと無理だなと考え、長瀞の中野上に降り、荒川の対岸に渡り、金尾峠を苦労して登り、帰ってきました。16時40分頃。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。