So-net無料ブログ作成
検索選択

秋色のグリーンラインを行く

11月14日

小川の赤木から七重峠へ。
PB140056re.JPG

荻殿線を下って、定峰峠へ。
PB140058re.JPG

白石峠へ。
PB140059re.JPG

帰還。



11月16日

風布から釜伏峠へ
ハイキング姿の集団が沢山歩いていました。激坂を上がっていると「自転車の選手、大変ね~」などという声が聞こえてきたので、思わず振り返って挨拶をしてしまいました。「選手」ではないのですが、いつものスタイルが一般の方にはそういうファッションに見えてしまうのは、仕方のないことですね。

PB160062re.JPG

PB160064re.JPG

PB160069re.JPG

PB160070re.JPG

PB160071re.JPG

登谷山へ
PB160072re.JPG

PB160075re.JPG


林道二本木線を下る
PB160076re.JPG

PB160079re.JPG

林道荻殿線で七重峠へ
PB160080re.JPG

帰還



11月22日

ときがわ町大野 松倉橋へ
PB220084re.JPG

高篠峠へ
PB220085re.JPG

堂平山へ
PB220086re.JPG

PB220088re.JPG
【山の下に見える町は小鹿野】

PB220090re.JPG

PB220092re.JPG

PB220095re.JPG

定峰峠へ下る
下ってトイレによって出てみると、前輪がペシャンコになっていることに気が付きました。どうやら、白石峠からこちら方面に設けてある段差を何回も超えているうちに、チューブダメージを受けたようです。以前には、あの段差を三つ四つ勢いよく越えた途端、パーンという派手な音とともにペシャンコになったことがありました。


定峰峠を下り、荻殿線へ。
CA390333re.JPG

CA390334re.JPG

七重峠を赤木方面に下る。
CA390335re.JPG
【落ち葉が路肩を埋め尽くしていました。】

帰還








紅葉の堂平山、紫陽花の荻殿線 [ライディング]

本日、堂平山でたまたま紅葉と遭遇してきました。

小川の市街地から松郷峠を越え、いつものように松倉橋を目指します。
激坂をよじ登り松倉橋に着いてみると、橋の下の湧き水は、軽トラを使って水を採りに来た人に占領されています。いや、凄いですよ。荷台は1.8Lのボトルとポリタンクで埋め尽くされていました。湧き水の回りにも容器がいくつも置いてありました。

PB100057resized.JPG
【ここのモミジはまだまだ。】

これじゃ水は飲めないなと諦め、林道大野峠線を上ります。まさか熊かイノシシは出ないだろうなと、先の見えないカーブでは手前から「ほっ!ほっ!ほっ!」と声をあげました。
高篠峠に着いてからは白石峠に向かいます。定峰峠に行こうと思っていたのですが、何となく堂平山に上る気になりました。

上がってみて大正解。思いもよらず、紅葉に巡り会いました。今年初めて。コンデジで撮るのはもったいないなあと思いましたが、でも、まあ、今日持っているのは一応高級コンデジだから少しはマシだろうと、何とか撮影に及びました。イマイチ、いやイマニ思うようには撮れませんでしたが、まあ、棚ぼたにしては良い収穫でした。

PB100059resized.JPG

PB100062resized.JPG

PB100065resized.JPG

PB100069resized.JPG

PB100071resized.JPG

PB100075resized.JPG

PB100082resized.JPG

PB100087resized.JPG

PB100094resized.JPG
【老夫婦がベンチに座っていました。挨拶すると、自転車でここまで上ってくるなんて・・・・・という話になりました。私とはそう遠くないところにお住まいのようでした。】

PB100098resized.JPG
【下る途中、見事な落ち葉を見つけました。自転車をその中に入れてみました。】

PB100101resized.JPG
【実はこんなところ。】


下ってから定峰等に行きます。そして、そのまま東秩父側に降ります。そして、林道荻殿線を上がることにしました。割と久しぶりかな?
こちらは紅葉は見られませんでしたが、驚いたことに道の端に何本か紫陽花が咲いていました。オイオイ、もう11月だよ。あなたの季節は6月、梅雨の時期。何を間違えてんの?と思いましたが、まあ、彼らには彼らなりの必然性があるのでしょう。道は枯れ葉で埋め尽くされているところが、あちらにもこちらにも。

PB100104resized.JPG

PB100105resize3d.JPG

PB100106resized.JPG

PB100108resized.JPG


七重峠からは小川町の赤木方面に下りました。そして帰還。短い時間ながら、効率的に楽しめる良いコースでした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。